2014年07月22日

筋トレと筋肉増強剤アナボリックステロイドの関係

Q;
筋トレと筋肉増強剤アナボリックステロイドの関係は?
A;
 筋肉がつくためには栄養が必要ですが、栄養をとれば筋肉がつくわけではありません。
また、タンパク質(プロテイン)を沢山摂取すれば筋肉がつくわけでもありません。

 筋肉がつく仕組みは、筋トレなどで筋肉に負荷がかかると、最初に筋肉痛がおきます。
そうすると、筋肉から、「ここにはもっと筋肉が必要」という情報が脳にいきます。
そうすると、脳から体の中のホルモン製造工場に指令がいき、工場では「筋肉を増やすホルモン」を生産します。その結果、筋肉痛のおこった場所に筋肉が増えることになります。

 この筋肉を増やすホルモンをアナボリックステロイド(蛋白同化ステロイド、筋肉増強剤)と呼びます。
 アナボリックステロイドは医療用に処方されることがあります。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられています。

 ※参考サイト ⇒ アナボリックステロイド
posted by Dr.sirohige at 10:01 | TrackBack(0) | アナボリックシテロイド | 更新情報をチェックする

プロテインの飲み方

Q;
プロテインの飲み方について教えて!
A;
パウダー1食分を牛乳や水など300ccに溶かし、食事の補助として飲むのが一般的です。
決して美味なものではないため、味のある牛乳に溶かした方が初心者には飲みやすい。

プロテイン(特にホエイプロテイン)は1回作るごとにその場で全部飲み干す。(時間をおいた物は食中毒の原因となります)。

トレーニング時は、トレーニング開始から30分前、トレーニング後は内臓の血流が落ち吸収が悪くなるのでBCAA等のアミノ酸の方が好ましい。

筋肥大や維持に、就寝前などの摂取を勧めているものもあります。
(就寝後は成長ホルモン分泌が活発になるため)

タンパク質は一度に大量摂取しても体内で消化吸収しきれないため、タンパク質摂取量は(他の食事分も合わせて)1食あたり最大でも 30~50g 程度にするのがよいとされています。
※ 参考サイト ⇒ プロテインの飲み方
ラベル:プロテイン
posted by Dr.sirohige at 09:58 | TrackBack(0) | プロテイン | 更新情報をチェックする

プロテインとは?

Q;
プロテインとは?
A;
主に、筋肉を維持または増強する目的で摂取されます。

プロテインサプリメント自体は単なる「高タンパク食品」でしかなく、薬物的な筋肉増強効果はありません。

適切なトレーニング(筋トレ)や食事と併用し、これらを数ヶ月あるいは数年といった長期にわたって継続することで初めて効果が期待できます。
ラベル:プロテイン
posted by Dr.sirohige at 09:55 | TrackBack(0) | プロテイン | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

筋肉増強剤アナボリックステロイドとは?

Q;
アナボリック・ステロイドとは?
A;
生体の化学反応によって外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用(蛋白同化作用)を有するステロイドホルモンの総称。
 多くは男性ホルモン作用も持っています。
posted by Dr.sirohige at 10:05 | TrackBack(0) | アナボリックシテロイド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。